2006年7月20日 (木)

イームズ ラウンジチェア

60~70年代のモダンデザインのパイオニアとして活躍したチャールズ&レイ イームズ!!

イームズ ラウンジチェア

      

■ イームズの椅子と言われて思い浮かぶ代表的な作品が

   このラウンジチェアです。発表は1956年。

     当時、イームズの友人であった映画監督ビリー・ワイルダーが

     アカデミーショーの監督賞を受賞した際にプレゼントしたチェアが、

     このラウンジチェアです。

     イームズ・ラウンジチェアの特徴でもある座高を低めに保ちつつ

     少し後ろ側にもたれられるようなデザインは、

     座り心地を追求しており、

     素材に2次元曲面の成型合板と革張りのクッションの融合から

     生み出される温かく包まれるような座り心地は、

     まさに選ばれた持ち主だった監督ビリー・ワイルダーが、

     こよなく愛した椅子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

イサムノグチ コーヒーテーブル!!

ボーナスの使い道は、カッコよく、洗練された家具を購入してみては!!

オリジナルは1939年にニューヨーク近代美術館の館長A・コンガ・グッドイヤーのためにデザインされました。1948年にジョージ・ネルソンのディレクションのもと再発表。後にイサム曰く「最も成功したインダストリアル・アート」ととも語られています。

イサムノグチ コーヒーテーブル

         

■ 1939年イサムノグチがニューヨーク モダン・アート美術館の

  館長のために最初に創りあげた家具であり、

  1948年にジョージネルソンのディレクションのもと

  “イサムノグチ コーヒーテーブル”として

  新たにデザインされました。

  脚部にデザインの主体をおいたこのテーブルは、

    シンプルを極めたなめらかなフォルムの脚が、

    存在感のある分厚いクリスタルガラスのテーブルを

    絶妙なバランス感で支えています。

    世界を代表する日系彫刻家らしい作品で、

    和の心を持ったデザインテーブルの永遠の傑作として

    受け継がれています。

   のちにイサム曰く、

   最も成功したインダストリアル・アートととも語られています。

■ ガラスの重厚さにこだわり、

    当時のデザインを再現した19㎜の特注クリスタルガラスを使用しております。

    透明度が高くガラスならではの存在感がお楽しみいただけます。

■ 同じ形のL型の2つの脚を逆さにして組み合わせる。

  柔らかい曲線で縁取られ、彫刻的で均整のとれたフォルムと

  工業デザインの要素が見事に調和しています。

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)